第3回:月経に関係するご相談

今回は月経に関係するご相談です。

私の周囲には、月経の痛みで急に休んだり、仕事中に寝込んでしまう程の方がいます。私の場合は、痛みと無縁に生活していましたが、20代後半、鎮痛剤を服用してもお腹を叩いてしまうほど痛みが酷い数年間がありました。親友は、外出もままならず、夜中は数度起きなければならないほど量が多くひどく悩んでいました。

別な友人は、20代後半の時期、子宮内膜症と診断され通院していました。その後の経過は順調だったのでしょうか。

子宮腺筋症でチョコレート嚢腫もあると言われていた友人は、そろそろ50歳。この先どのような生活が待っているのでしょうか。

雅子先生、貞夫先生、女性と月経との良いお付き合い方法を教えてください。

過去のお悩み相談
2022年9月23日

第23回:アフターピルを使いましたが、まだ月経が来ません。妊娠はあり得ますか?

2022年8月17日

第22回:膣カンジダ炎の治療中ですが、ストレスがたまり性行為が我慢できません。

2022年8月15日

第21回:子宮頸がんワクチンの接種期間中は、性行為はダメなのでしょうか。

2022年6月29日

第20回:年齢、性別も違う子どもたちに、どのように性教育をしたらよいでしょうか?

2022年5月22日

第19回:17歳男性「床オナでしかいけない」/18歳女性「遠距離の彼から、電話でマスタベーションを見せてほしいと言われ…」

2022年4月30日

第18回:新婚3か月の夫が、「愛してる」と言いながら セックスを拒否します。