性と健康を考える女性専門家の会HP

1998年度の活動

■ 第25回日本医学会総会医学展示「生命の博覧会」’99年3/30-4/8
    “フィーメールガーデン 女性の健康プラザ”への協力

■ 第25回日本医学会サテライト企画’99年3/30-4/8
    「身近な健康とくすりの歴史展 女性のための健康プラザ」協力

■ 国際シンポジウム’98年 12月6日(日)
「変わりゆく社会と女性医療 21世紀に向けての提言」
   講師 カースティン・ハーゲンフェルト教授(スウェーデン・カロリンスカ大学医学部)
      イアン・フレーザー教授(オーストラリア・シドニー大学医学部)
      キャロライン・ウエストホフ助教授(米国・コロンビア大学医学部)  
      クリストファー・エリアス博士(バンコク・ポピュレーションカウンシル所長)
      松本清一(日本家族協会理事長)

■ 第2回働く女性の健康を考えるシンポジウム’98年 10月11日(日)
「社会における女性の自己実現のために」

    講師 大沢真理(東京大学社会科学研究所教授)
       椋野美智子(日本社会事業大学教授)
       村木厚子(労働省障害雇用対策課長)
       円より子(参議院議員、ニコニコ離婚講座開催)

■ ワークショップ’98年4月4日
「証拠に基づく医療;Evidence Based Medicine」
    講師 久繁哲徳教授 (徳島大学医学部教授)
       北井啓勝(社会保険埼玉中央病院産婦人科部長)
       戸田律子(日本出産教育協会)