性と健康を考える女性専門家の会HP

2008年度の活動(2008年4月~2009年3月)

 

Ⅰ.2008年度役員および事務局

会  長:
堀口雅子(主婦会館クリニック)
副 会 長:
早乙女智子(神奈川県立汐見台病院)、成田伸(自治医科大学)、小西明美(小張総合病院)
監  査:
前原澄子(京都橘大学)、上坊敏子(社会保険相模野病院婦人科腫瘍センター)
運営委員:
青山温子(名古屋大学)、荒木葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)、井端美奈子(大阪府立大学)、江夏亜希子(ウィミンズ・ウェルネス銀座クリニック)、大川玲子(千葉医療センター)、岡山慶子(㈱朝日エル)、岡本美香子(東京大学大学院)、長田真紀子(フリーライター)、儀宝由希子(助産師)、劔陽子(結核予防会国際協力部)、工藤美子(兵庫県立大学)、工藤里香(埼玉県立大学)、黒田裕子(和歌山県立医科大学)、小林朋子(札幌市篠路西児童会館)、斉藤早苗(関西福祉大学)、佐々木くみ子(大阪府立大学)、篠崎百合子(しのざきクリニック)、志村真理子(NTT東日本関東病院)、シャロン・ハンリー(北海道医療大学)、白井千香(神戸市兵庫区保健福祉部)、末原紀美代(大阪府立大学)、鈴木幸子(埼玉県立大学)、竹下君枝(東京都立九段高等学校)、田中依子(薬学)、対馬ルリ子(ウィミンズ・ウェルネス銀座クリニック)、劔陽子(結核予防会国際協力部)、中村和代(㈱朝日エル)、野々山未希子(東邦大学)、堀本江美(苗穂レディスクリニック)、宮本法子(東京薬科大学)、吉沢豊予子(東北大学)吉野一枝(よしの女性診療所)
 

各プロジェクトのメンバー(◎はリーダー)

STD予防:
◎白井千香、堀口雅子、早乙女智子、野々山未希子、劔陽子(結核予防会国際協力部)、石川陽子(東京大学大学院)、野田洋子(順天堂大学医学部)
十代の健康:
◎対馬ルリ子、小田洋美(吉祥女子中・高等学校)、堀口雅子、杉山夏生、鈴木幸子
禁   煙:
◎小西明美、荒木葉子、岡山慶子、工藤里香、志村真理子、末原紀美代、鈴木幸子、対馬ルリ子、中村和代、野々山未希子、堀口雅子、宮本法子
女性口腔医学:
◎志村真理子、岡山慶子、早乙女智子、杉山夏生、対馬ルリ子
 
障がい支援:
◎堀口雅子、岡山慶子、加藤季子(アイル女性クリニック)、中村和代、戸倉幸子(㈱朝日エル)
ピ  ル:
◎早乙女智子、成田伸、野々山未希子、松本佳代子
働く女性の健康:
◎荒木葉子、堀口雅子、岡山慶子、内田恵理子(目黒臨床心理オフィス)、野田順子(野の花メンタルクリニック)、(松本佳代子)
地方部会世話人:
堀本江美(苗穂レディスクリニック) 北海道
村口喜代(村口きよ女性クリニック) 東北
種部恭子(女性クリニックWe富山) 中部北陸
末原紀美代(大阪府立大学)      近畿
金重恵美子(岡山中央病院)      中国・四国
アドバイザー:
岩室紳也(地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター)
堀口貞夫(主婦会館クリニック産婦人科医師)
事務局:
岡山慶子、中村和代、戸倉幸子(朝日エル)

Ⅱ.活動報告  会員数:個人会員478名 法人会員14社 

1. 広報

ニュースレター(年間4回:2008/7/10:41号、2008/9/19:42号、2009/1/23:43号、
  2009/4/20:44号)中村、戸倉

2. ホームページ

  http://square.umin.ac.jp/pwcsh/ 鈴木

3. プロジェクト

○STD予防プロジェクト
若年者向けのコンドーム使用尺度を開発し、その信頼性を確認するため、8月に部分的に分析作業を行った。ただし、それ以降2008年度は未完のままの状態のため、分析と新尺度を使った若年者アンケート(案)は中断している。メンバーの一部は厚生科学研究(小野寺班)で若年者の無症候性クラミジアの実態調査と自己検査の推進等に関わり、また、性の健康医学財団発行「性の健康」へ記事寄稿を行った。
○十代の健康プロジェクト
日本女医会の「十代の性の健康支援ネットワーク作り事業(ゆいネット)」に協力
○禁煙プロジェクト
北海道支部の「女性のためのこころと体の健康屋台村」企画にて
「たばこをやめよう!のお話」を行った。
11月23日 北海道医療大学 サテライトキャンパスにて
 
○女性口腔医学プロジェクト
各メンバーが他団体の講演会に後援者として参加、執筆を通じて当プロジェクトの目標である、女性ホルモンと口腔のつながりにつき周知活動を行った。
  1. 「基礎体温研究会」に堀口会長とともに参加。
  2. 「女性の健康広場 in 未来館:日本産科婦人科学会、日本産婦人科医会 主催」にプロジェクトメンバー、対馬、志村が参加。また、当会堀口会長、小西禁煙プロジェクトリーダーに参加協力いただき講演活動を行った。

テーマ「妊娠期に気を付ければならないこと ~喫煙と歯周病―女性ホルモンとの関係~」

     
○障がい支援プロジェクト
  1. ニュースレター41号に「障がいをもつ方の妊娠・出産」43号に「二分脊椎症女性の月経と性の健康」を執筆(堀口会長)
  2.  
  3. 映画「あぶあぶあの奇跡」上映会サポート。

4. 地方部会

○ 北海道支部
  1. 活動メンバー 堀本江美(苗穂レディスクリニック院長)、小倉なほ子、富塚とも子(市民ネットワーク北海道)、宮崎みち子(札幌市立大学教員)、シャロン・ハンリー(北海道医療大学教員)、小林朋子(札幌市篠路西児童会館館長)
  2. 支部会の実施
  3. 事 業
(1)日時:
平成20年11月23日(日)
(2)会場:
北海道医療大学サテライトキャンパス
(3)内容:
「女性のための健康屋台村」ミニセミナー(テーマ:禁煙、HPV、更年期、性教育)

体験ブース(ベリーダンス、ハンドマッサージ、カラーセラピー、経皮毒を知る(頭皮チェック)体験、トマティス体験など)

○近畿支部

活動メンバー:末原紀美代(支部長:大阪府立大学)、井端美奈子(事務局長:大阪府立大学)、

斉藤早苗(関西福祉大学)

2008年度近畿支部講演会はテーマを「対人援助に必要なコミュニケーション術」とし,ホリスティック教育実践研究所の金香百合先生と、新潟県立看護大学加城貴美子先生に講演して頂きました。詳細については、ニュースレター44号にも報告いたしましたが、2009年2月7日(土)に、開催場所は例年どおりメディカ出版のご協力を得て、メディカホール(大阪府吹田市)で行いました。

昨今,医療や教育の現場でのバーンアウトなどの状況は,深刻さを増しているように感じられます。

また,モンスターペアレントやモンスターペイシェントという造語まで表れてきましたが,人間は「怪物」ではありませんね。そこで今回は,対人援助サービスを行なう専門職が対象理解のためのヒントを得,さらに自分自身も元気になることを目的に企画しました。天候に恵まれ,参加者も55名と多数ありました。両先生とも,講演会参加者を巻き込む参加型の講演を展開してくださり,笑いあり,没頭する場面あり,講演後は、質問者の長い列ができるなど大いに盛り上がりました。

5. 他団体との協力

 厚生労働省、日本医師会、日本女医会、日本看護協会、日本助産師会、日本薬剤師会、
 日本禁煙推進医師歯科医師連盟、性差医療情報ネットワーク、女性医療ネットワーク、
性の健康医学財団、"人間と性"教育研究協議会、乳房健康研究会、ペパーミント・ウェーブ
実行委員会、チャイルド&ファミリー・フレンドリー・コンソーシアムなど他団体との協力。

 

謝辞

 会員および賛助会員ほか関係各団体の多大な尽力に支えられ、本会の11年目の活動が できましたことを感謝いたします。