性と健康を考える女性専門家の会HP

2007年度の活動(2007年4月~2008年3月)

Ⅰ.2007年度役員および事務局

会  長:
堀口雅子(主婦会館クリニック)
副 会 長:
早乙女智子(神奈川県立汐見台病院)、成田伸(自治医科大学)、小西明美(小張総合病院)
監  査:
前原澄子(京都橘大学)、上坊敏子(社会保険相模野病院婦人科腫瘍センター)
運営委員:
荒木葉子(荒木コンサルタント事務所)、井端美奈子(大阪府立大学)今村恭子(ヤンセンファーマ㈱)、大川玲子(国立千葉病院)、岡山慶子(㈱朝日エル)、儀宝由希子(助産師)、工藤美子(兵庫県立大学)、工藤里香(埼玉県立大学)、小林朋子(札幌市篠路西児童会館)、斉藤早苗(関西福祉大学)、桜井昌子(大鵬薬品工業㈱)、佐々木くみ子(大阪府立大学)、篠崎百合子(しのざきクリニック)、志村真理子(NTT東日本関東病院)、白井千香(神戸市兵庫区保健福祉部)、末原紀美代(大阪府立大学)、鈴木幸子(埼玉県立大学)、田中依子(薬学)、対馬ルリ子(ウィミンズ・ウェルネス銀座クリニック)、中村和代(㈱朝日エル)、野々山未希子(筑波大学)、堀本江美(苗穂レディスクリニック)、宮本法子(東京薬科大学)、吉沢豊予子(東北大学)

各プロジェクトのメンバー(◎はリーダー)

STD予防:
◎白井千香、堀口雅子、早乙女智子、野々山未希子、劔陽子(結核予防会国際協力部)、石川陽子(東京大学大学院)、野田洋子(順天堂大学医学部)
十代の健康:
◎対馬ルリ子、小田洋美(吉祥女子中・高等学校)、堀口雅子、杉山夏生、鈴木幸子
禁   煙:
◎小西明美、荒木葉子、岡山慶子、工藤里香、志村真理子、末原紀美代、鈴木幸子、対馬ルリ子、中村和代、野々山未希子、堀口雅子、宮本法子
女性口腔医学:
◎志村真理子、岡山慶子、早乙女智子、杉山夏生、対馬ルリ子
障害支援:
◎堀口雅子、岡山慶子、加藤季子(アイル女性クリニック)、中村和代、戸倉幸子(㈱朝日エル)
ピ  ル:
◎早乙女智子、成田伸、野々山未希子、松本佳代子
働く女性の健康:
◎荒木葉子、堀口雅子、岡山慶子、内田恵理子(目黒臨床心理オフィス)、野田順子(野の花メンタルクリニック)、(松本佳代子)
地方部会世話人:

堀本江美(苗穂レディスクリニック) 北海道
村口喜代(村口きよ女性クリニック) 東北
種部恭子(女性クリニックWe富山) 中部北陸
末原紀美代(大阪府立大学)      近畿
金重恵美子(岡山中央病院)      中国・四国

アドバイザー:
岩室紳也(地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター) 
堀口貞夫(主婦会館クリニック産婦人科医師)
事務局:
岡山慶子、中村和代、戸倉幸子(朝日エル)

Ⅱ.活動報告  会員数:個人会員486名 法人会員13社 

1. 広報

  ニュースレター(年間4回:2007/6/25:37号、2007/9/20:38号、2007/12/20:39号、
  2008/3/25:40号)中村、戸倉

2. ホームページ

  http://square.umin.ac.jp/pwcsh/  桜井

3. プロジェクト

○STD予防プロジェクト
 2007年日本性感染症学会誌において、論文「性感染症予防におけるコンドーム使用セルフ・エフィカシースケールの検証」を報告した。
十代の健康プロジェクトと共同し、DVD「性感染症」を作成した。
「性感染症予防のための簡易版コンドーム使用セルフ・エフィカシースケールの作成」について、第20回日本性感染症学会(H19年12月東京)でポスター発表を行った。また、その性感染症学会でシンポジスト参加やSTD予防DVDのチラシ配布等を行った。
○十代の健康プロジェクト 
1.性感染症DVDの完成、発売開始。   
2.8月アジア性教育会議でブースを設営し、性感染症DVDの紹介、発売をした。  3.3月 日本女医会「十代の性と健康」指導者養成講座 第11回     『~暴力が女性と子どもに与える影響~』に協力。
○禁煙プロジェクト
1.大同生命厚生事業団研究助成金にて、会員およびその周囲の人を対象に受動喫煙に関するアンケート調査を行い、報告書を作成した。
2.タバコ関連の講演会でフレスカカードの広報を行った。3.ファイザー製薬の新しい禁煙治療薬チャンピックスの説明会を開催(3月朝日エルにて)
○女性口腔医学プロジェクト
プロジェクト主催によるシンポジウム、セミナーを開催することはできなかった。
他団体への協力:「基礎体温研究会」に堀口会長とともに参加。
○障がい支援プロジェクト
 1.ニュースレター38号に「少数者のからだと心の健康」を執筆(堀口会長)
 2.2008年8月30日の「楽団あぶあぶあ&ミュージカルチームLOVE」第3回東京公演の準備を開始したが、主宰の東野洋子さんが体調を崩されたため延期。
○ピルプロジェクト
  ピル服用者の調査票は作成したが、具体的な調査に入れなかった。
○働く女性の健康プロジェクト
「性と健康を考える女性専門家の会」10周年シンポジウムの企画・運営を行った。

「女性のヘルシーキャリアのための性と健康塾」を2007年11月4日(日)未来館にて開催した。当会のプロジェクトが総出演し、多彩なワークショップを展開した。シンポジウムは、産む事の決定および先延ばしについて、討論会ではワークライフバランス社会におけるヘルスの課題について、様々な角度から話し合うことができた。当会の10年目のシンポとして、有意義であり、実りが多かった。

後援:厚生労働省、日本医師会、日本女医会、日本看護協会、日本助産師会、NPO法人「仕事と子育てカウンセリングセンター」

協賛:株式会社キューオーエル、バイエル薬品株式会社、有限会社ミネラルサイエンス、株式会社アベール
プログラム
シンポジウム「産む・産まない・産めない・どうしたらいいかわかんない」(河合蘭、久保春海)
分科会1 性感染症に対する護身術 (鈴木幸子、野々山未希子)
分科会2 月経・ピルの活用術 (家坂清子、成田伸、田中依子)
分科会3 セクシュアリティ術 (堀本江美、早乙女智子)
分科会4 ワークライフバランス術 (柴山純、荒木葉子)
分科会5 こころのお手入れ術  (内田恵理子、岡山慶子)
分科会6 コミュニケーション術 (吉野一枝、対馬ルリ子)
討論会  ヘルシーキャリアを築くために私たちができること (堀口雅子、岩田喜美枝、渥美雅子)

4.シンポジウム、セミナー

2007年5月20日(日) 総会シンポジウム「メグ・ヒックリングさんの性の健康教育セミナー」
           於 主婦会館プラザエフ

2007年11月4日(日) シンポジウム「女性のヘルシーキャリアのための性と健康塾」
           於 女性と仕事の未来館

5. 地方部会

○北海道支部

1 活動メンバー

 (1)リーダー:堀本江美(苗穂レディスクリニック院長)

(2)メンバー:吉田道子(立命館慶祥中学・高等学校教諭)

        小倉なほ子、富塚とも子(市民ネットワーク北海道)

        宮崎みち子、渡邉由加利(札幌市立大学教員)

        シャロン・ハンリ(旭川医科大学教員)

小林朋子(札幌市篠路西児童会館館長)

 

2 支部会

  平成19年6月5日(木)7月19日(木)、8月29日(水)、12月8日(土)、

  平成20年2月16日(土)、3月22日(土)

 

3 講演会等

  (1)日 時  平成19年9月30日(日)

  (2)会 場  プラニスホール(札幌市中央区北5条西2丁目)エスタRF

(3)内 容  「がまんしないで生理痛~あなたの悩みはみんなの悩み~」

①ミニセミナー

★エリア1

13:00-13:30 月経の基礎知識:対馬ルリ子先生

14:00-14:30 月経とお肌トラブル:対馬ルリ子先生

15:00-15:30 月経痛を予防しよう:神崎貴子先生

★エリア2

13:30-14:00 働く女性のからだと心Q&A:鶴羽佳子先生、堀本江美先生

14:30-15:00 月経痛をゆる~くしていく漢方:間宮敬子先生

②パネル(ポスターセッション)ブース

・からだの症状セルフチェック~生活習慣の改善?専門家への相談?~

・生理痛に効く漢方:旭川医大 学生

・ツボ・指圧のツボ:札幌市立大 学生

③体験型ブース

・ハンドマッサージ&ネイルケア体験:佐藤千波さん、西川幸妙さん

・アロマ体験:中田智子さん

・リフレクソロジー体験:和田恵子さん、石川利恵さん

・からだのタイプ別漢方紹介:間宮先生

・ウォーキング:吉野友華梨さん

・カラーセラピー体験:渡部朋代さん

④グッズ紹介ブース

・からだにやさしい月経用品(これからや)

・月経関連書籍紹介

・公的相談機関紹介パンフレットコーナー

・性に関する知識啓発リーフレット

  ⑤ティーコーナー

  ⑥DVD放映(月経のしくみ)

  (4)参加人数 110名(ボランティアスタッフ含む)

○近畿支部

  活動メンバー:末原紀美代(支部長:大阪府立大学)、井端美奈子(事務局長:大阪府立大学)、斉藤早苗(関西福祉大学)

わが国においても乳がんに罹る女性は年々増加し、20人に1人という時代になりました。近畿支部は「乳がんの最新知識と女性へのケア」と題し、NPO法人乳房健康研究会と共催で2007年度の講演会を実施いたしました。詳細については、ニュースレターNo.39にも報告いたしましたが、専門職を対象にブラッシュアップとクライアントへのケアのスキルアップを目的に2007年11月17日(土)~18日(日)の2日間にわたり、「第1部乳がんの最新知識」、「第2部乳がん女性へのケア」の2部構成のプログラムを企画しました。開催場所は例年どおりメディカ出版のご協力を得て、メディカホール(大阪府吹田市)で行いました。さらに今回は①自己検診トレーニンググッズ(Run for the Cure Foundation)、②リマンマ製品、③書籍紹介とピンクリボン運動、④性と健康を考える女性専門家の会の足跡などの展示・紹介コーナーを設け実物の情報に触れていただきました。講演会には保健師、助産師、看護師の看護職のみならず、医師、コメディカル、患者さんやピンクリボン塾の方々ら約70名の参加を得て盛会となりました。各々のセッションでは、保健指導の立場、患者・家族の立場や診断に関することなどの質問や意見が出され、互いが触発・啓発されるものでした。

6.他団体との協力

 厚生労働省、日本医師会、日本女医会、日本看護協会、日本助産師会、日本薬剤師会、

 日本禁煙推進医師歯科医師連盟、性差医療情報ネットワーク、女性医療ネットワーク、

性の健康医学財団、“人間と性”教育研究協議会、乳房健康研究会、ペパーミント・ウェーブ

実行委員会、チャイルド&ファミリー・フレンドリー・コンソーシアムなど他団体との協力。

謝辞

 会員および賛助会員ほか関係各団体の多大な尽力に支えられ、本会の10年目の活動が

できましたことを感謝いたします。