性と健康を考える女性専門家の会HP

2006年度活動報告(2006年4月~2007年3月)

Ⅰ.2006年度役員および事務局

会 長:堀口雅子(主婦会館クリニック)

副会長:早乙女智子(神奈川県立汐見台病院)、成田伸(自治医科大学)、松本佳代子(共立薬科大学)

監査:前原澄子(京都橘大学)、上坊敏子(北里大学)

運営委員:儀宝由希子(助産師)、荒木葉子(荒木コンサルタント事務所)、

井端美奈子(大阪府立大学)今村恭子(ファイザー製薬)、大川玲子(国立千葉病院)、岡山慶子(㈱朝日エル)、小田洋美(吉祥女子中・高等学校)、木戸道子(日赤医療センター)、工藤美子(兵庫県立大学)、小西明美(小張総合病院)、斉藤益子(東邦大学)、桜井昌子(大鵬薬品工業㈱)、篠崎百合子(しのざきクリニック)、志村真理子(NTT東日本関東病院)、白井千香(神戸市兵庫区保健福祉部)、末原紀美代(大阪府立大学)、鈴木幸子(埼玉県立大学)、田中依子(薬学)、対馬ルリ子(ウィミンズ・ウェルネス銀座クリニック)、中村和代(㈱朝日エル)、西垣玲奈(国立がんセンター)、野々山未希子(筑波大学)、堀本江美(苗穂レディスクリニック)、宮本法子(東京薬科大学)、

各プロジェクトのメンバー(◎はリーダー)

STD予防:◎白井千香、堀口雅子、早乙女智子、野々山未希子、劔陽子(産業医科大学医学部)、

      石川陽子(東京大学大学院)、桜井昌子、野田洋子(順天堂大学医学部)

クスリ:◎田中依子、松本佳代子、宮本法子、桜井昌子

十代の健康:◎対馬ルリ子、小田洋美、堀口雅子、杉山夏生、鈴木幸子

禁煙:◎小西明美、荒木葉子、岡山慶子、志村真理子、末原紀美代、中村和代、

野々山未希子、堀口雅子

女性口腔医学:◎志村真理子、岡山慶子、早乙女智子、杉山夏生、対馬ルリ子、

障害支援:◎堀口雅子、岡山慶子、加藤季子(アイル女性クリニック)、戸倉幸子(㈱朝日エル)

避妊・中絶:◎早乙女智子、成田伸、野々山未希子、松本佳代子

ピル:◎早乙女智子、成田伸、野々山未希子、松本佳代子

地方部会世話人:

堀本江美(苗穂レディスクリニック) 北海道

村口喜代(村口きよ女性クリニック) 東北

種部恭子(女性クリニックWe富山)  中部北陸

末原紀美代(大阪府立大学)      近畿

金重恵美子(岡山中央病院)      中国・四国

加藤竺子(シティケアハウス)    九州

アドバイザー:

岩室紳也(地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター長) 

堀口貞夫(主婦会館クリニック産婦人科医師)

事務局:岡山慶子、中村和代、戸倉幸子、日浦朋子(朝日エル)

Ⅱ.活動報告  会員数:個人会員530名 法人会員13社 

1. 広報

  ニュースレター(年間4回:2006/6/26:33号、2006/9/20:34号、2005/12/20:35号、

          2007/3/20:36号)中村、戸倉

2. ホームページ  http://square.umin.ac.jp/pwcsh/  桜井

3. プロジェクト

○STD予防プロジェクト

 性感染症学会および性の健康医学財団との連携、評議員として協力した。また、厚生労働省科学研究費補助金事業「性感染症の効果的な蔓延防止に関する研究」への研究協力と性感染症学会学術大会でのシンポジウムおよび一般演題をメンバーから発表、座長等学会運営にも協力した。メンバーの自主活動としては性感染症予防に関する執筆活動や論文作成にも取り組んだ。

○クスリプロジェクト

  下記の平成17年度事業計画は、各メンバーの都合により実施することができなかった。

事業計画

(1)あなたの家のくすり箱診断(2004年FIP発表)のアンケート結果を学術雑誌へ投稿。

(2)介護者への支援を目的とした”介護者支援とくすり”についての文献調査の結果の問題点を明らかとし、それら情報をもとにニュースレター・ホームページなどに提供していく。

○十代の健康プロジェクト  STDビデオの作成について、プロジェクトミーティングを2回行った。  以前作成した杉山会員のビデオ素案をもとに、最新の映像技術を導入した改定案を作成する

こと、またその場合の予算案について、杉山会員から提案を受けプロジェクトメンバーに

確認した。

DVDを作成するとお金がかかるが、そのほうが用途が広がることが提案された。

○禁煙プロジェクト

(1)9月に大同生命厚生事業団研究助成金を取得テーマ:女性における受動喫煙に関する意識調査と曝露指標の測定及び女性向パンフレットの作成

(2)タバコ関連の講演会でフレスカカードの広報を行った。

○女性口腔医学プロジェクト

  ロジェクト主催によるシンポジウム、セミナーを開催することはできなかったが、「女性ホルモンと

  口腔」について以下の形で啓発を行った。

  (1)執筆

   ⅰ)口腔における性差 女性のためのオーラルケア.看護教育.2006;8・9:722-724.

   ⅱ)女性の元気は口元からはじまります.歯医者さんの待合室.2006.5:4-15.

   ⅲ)よくある疾患 言いにくい悩み女性編 ドライマウス.Medical ASAHI.2006;12:36-38

  (2)講演会  30代から60代の女性参加者にセミナーを行なった。

  「女性の健康セミナー 知りたい歯周病と女性の健康」主催/男女共同参画センター横浜北 

    協力/国立病院機構横浜医療センター女性診療外来、後援/(社)横浜市医師会;2.10.2007;横浜

  (3)他団体への協力

   「基礎体温研究会」に堀口会長とともに参加。

    プロジェクト主催によるセミナー、講演会は各メンバーが多忙であったため、開催することができなかったが、各自新聞や雑誌等を通じ訴え、またメンバーの志村、岡山の他 堀口会長が世話人を務めるドライマウスネットワークに早乙女、対馬両会員が参加協力し、女性ホルモンと口腔のかかわりを周知していった。

○障害支援プロジェクト

(1)ニュースレターに、「障害」に関する連載を掲載し、会員や一般の方々の「障害」についての知識を提供した。

(2)6月3日の「楽団あぶあぶあ&ミュージカルチームLOVE」第2回東京公演を主催・実施した。

(3)12月の障害者週間リンクアップ事業・ペパーミント・ウエーブ・キャンペーンの告知協力。

○避妊・中絶プロジェクト

  ピル服用者の調査を企画したが、メンバーの移動なども重なり、昨年も実施できなかった。

4.シンポジウム、セミナー

2006年5月20日 総会シンポジウム「どうする・どうなる日本のお産」

2006年11月23日 シンポジウム「妊婦の乳がんとSTDの診方」

5. 地方部会

○北海道支部

1 活動メンバー

 (1)リーダー:堀本江美(苗穂レディスクリニック院長)

(2)メンバー:吉田道子(立命館慶祥中学・高等学校教諭)

小林朋子(札幌市中島児童会館館長)

2 支部会

  平成18年6月2日(金)、29日(木)、7月20日(木)、8月8日(火)、20日(日)

3 講演会等

  ①日 時  平成18年8月27日(日)

  ②会 場  札幌市立大学桑園キャンパス

③内 容  「どうする日本のお産 ディスカッション大会 in 札幌」

         講演1「どうする?日本のお産 今、どこで、何が、問題なのか」

ふれあい横浜ホスピタル 早乙女智子さん

         講演2「これからの周産期医療提供体制のあり方」

北海道大学病院産科長・周産母子センター部長 水上尚典さん

         全体ディスカッション、グループディスカッション、スライドショー

  ④参加人数 81名

○近畿支部

  活動メンバー:末原紀美代(支部長:大阪府立大学)、井端美奈子(事務局長:大阪府立大学)、

  白井千香(神戸市兵庫区保健福祉)、工藤美子(兵庫県立大学)、斉藤早苗(関西福祉大学)、

  佐々木くみ子(大阪府立大学)

 現在のセクシュアリティ教育を担う大部分の者は、母親、養護教諭、看護師、助産師など女性であり、男の子のからだやこころの問題については、戸惑うことが多くあります。昨年度に同様のテーマで講演会とシンポジウムを行なったところ、予想以上に反響があり、申込者多数のために、受講できない方が生じました。昨年のイベント後のアンケートの提案も組み入れて、2006年度は12月9日(土)の午後、メディカホールにおいて、講演会とグループディスカッションを企画しました。

講演会の講師には、泌尿器科医師と臨床心理士を招きました。泌尿器科医師からは、小児泌尿器科の専門医の立場から、男の子の身体的発達の特徴と気になる症状について、たくさんの写真を使ってわかりやすくお話をしていただきました。生まれつき性別が判定しにくいケースについて、出産現場にいる助産師、看護師、医師には、細かな観察能力とデリケートな対応、気配りが求められていることが理解できました。また、思春期の男の子の悩みのトップに挙げられる、包茎とマスターベーションの対応についても、理解を深めることができました。

竹下先生は、ご自分の子育て体験と、少年院や少年刑務所での子ども達への関わりの体験から、実際的なお話をして下さいました。特に男の子と限らず、子育てで大切なことは、十分に甘えさせ、自尊感情を高め、他人の援助を求められるように関わるということです。親自身の心がまえとして、親自身も人生を楽しむ、ストレスをためない、夫婦の関係を良くする努力をするなど、勉強になりました。

グループディスカッションでは、1~6名程度の人数で5ヶ所に分かれて話し合う時間を持ちました。自己紹介をしたあと、ポストイットに思いつくままに男の子へのかかわりのとまどいと工夫について、記入したと、それぞれの内容について、各自の体験から意見を出し合いました。他者の話を聴くことで、学びやヒントを得ることも多く、有意義な時間になりました。

6.他団体との協力

 厚生労働省、日本医師会、日本女医会、日本看護協会、日本助産師会、日本薬剤師会、

 日本禁煙推進医師歯科医師連盟、性差医療情報ネットワーク、女性医療ネットワーク、

性の健康医学財団、“人間と性”教育研究協議会、乳房健康研究会、ペパーミント・ウェーブ実行委員会、チャイルド&ファミリー・フレンドリー・コンソーシアムなど他団体との協力。

謝辞

 会員および賛助会員ほか関係各団体の多大な尽力に支えられ、本会の9年目の活動が

できましたことを感謝いたします。