性と健康を考える女性専門家の会HP

2003年度活動報告(2003年4月~2004年3月)

Ⅰ.2003年度役員および事務局

会 長:堀口雅子(虎の門病院)

副会長:早乙女智子(ふれあい横浜ホスピタル)、成田伸(自治医科大学)、 松本佳代子(共立薬科大学)

監査:前原澄子(三重県立看護大学)、上坊敏子(北里大学)

運営委員:安達由希子(愛育病院)、荒木葉子(NTT東日本首都圏健康管理センタ東京健康管理センタ)、

今村恭子(ファイザー製薬)、榎本富士子(Hands On)、大川玲子(国立千葉病院)、太田節子(星薬科大学)、岡山慶子(朝日エル)、小田洋美(吉祥女子中・高等学校)、加藤季子(愛育病院)、構井淳子(フリーライター)、木戸道子(日赤医療センター)、工藤美子(兵庫県立看護大学)、小西明美(小張総合病院)、斉藤益子(東邦大学医療短期大学)、桜井昌子(大鵬薬品)、篠崎百合子(しのざきクリニック)、志村真理子(NTT東日本関東病院)、白井千香(神戸市保健所)、末原紀美代(大阪府立看護大学)、鈴木幸子(埼玉県立大学)、田中依子(薬学)、対馬ルリ子(ウィミンズ・ウェルネス銀座クリニック)、戸倉幸子(朝日エル)、中村和代(朝日エル)、成田嘉奈子(ジョンソン・エンド・ジョンソン)、野々山未希子(筑波大学)、早川敦子(津田塾大学)、堀本江美(苗穂レディスクリニック)、本田佳子(虎の門病院)、宮本法子(東京薬科大学)、森恵美(千葉大学看護学部)、吉澤豊予子(長野県看護大学)

各プロジェクトのメンバー(◎はリーダー)

STD予防:◎白井千香、堀口雅子、早乙女智子、野々山未希子、劔陽子(産業医科大学医学部)、石川陽子(東京大学大学院)、桜井昌子、野田洋子(順天堂大学医学部)

クスリ:◎田中依子、松本佳代子、太田節子、宮本法子、桜井昌子

サンガー翻訳:◎早川敦子、対馬ルリ子

十代の健康:◎対馬ルリ子、小田洋美、堀口雅子、榎本富士子、板津寿美江、杉山夏生、鈴木幸子、

後藤幸子、成田伸

中高年女性の健康プロジェクト:◎今村恭子、荒木葉子、加藤季子、篠崎百合子、成田嘉奈子、

巴ひかる、関口由紀、構井淳子

乳がん:◎加藤季子、岡山慶子、野末悦子(コスモス女性クリニック)、池下育子、高木博美(高木ひろみ

乳腺レディースクリニック)

働く女性の健康:◎荒木葉子、野田順子(野の花メンタルクリニック)、岡山慶子、土井由利子(国立保健医療科学院)、松本佳代子

禁煙:◎小西明美、岡山慶子、志村真理子、末原紀美代、対馬ルリ子、中村和代、

成田伸、野々山未希子、堀口雅子、松本佳代子、宮本法子

女性口腔医学:◎志村真理子、対馬ルリ子

障害支援プロジェクト:◎堀口雅子、岡山慶子、加藤季子、戸倉幸子

地方部会世話人:

堀本江美(北海道:苗穂レディスクリニック院長)、村口喜代(東北:村口きよ女性クリニック)、

種部恭子(中部北陸:済生会富山病院)、末原紀美代(近畿)、金重恵美子(中国・四国:岡山中央病院)、後藤幸子(中国・四国:広島県立保健福祉大学)、加藤竺子(九州:シティケアハウス)、

加藤尚美(沖縄:沖縄県立看護大学)

アドバイザー:

岩室紳也(地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター長) 堀口貞夫(中林病院産婦人科医師) 

我妻堯(国際厚生事業団参与)

カースティン・ハーゲンフェルト(スウェーデン・カロリンスカ大学産婦人科教授)

イアン・フレーザー(オーストラリア・シドニー大学医学部産婦人科教授)

キャロリン・ウェストホフ(米国・コロンビア大学医学部産婦人科助教授)

ウィラード・カティス(米国・ファミリー・ヘルス・インターナショナル所長)

ジョン・ジルボー(英国・ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン家族計画教授)

クリストファー・エリアス(米国・PATHプレシデント)

スーザン・ワイソッキ(全米女性医療ナースプラクティショナー協会会長)

李昭男(台湾・高雄医科大学教授)

事務局:岡山慶子・中村和代・戸倉幸子、日浦朋子、塚本雅子(朝日エル)

Ⅱ.活動報告  会員数:個人会員597名 法人会員12社 

1. 広報

  ニュースレター(年間4回:2003/7/25:21号、2003/10/25:22号、2004/1/9:23号、

          2004/3/31:24号)中村、戸倉

  ホームページ  http://square.umin.ac.jp/pwcsh/  荒木、桜井、三木

2. 出版物等 

  “マーガレット・サンガー”(エレン・チェスラー著 早川敦子監訳)日本評論社 2003.5.30

3. プロジェクト

・STD予防プロジェクト

1)調査研究

1日本版セルフエフィカシースケール(前年度作成)を使った性教育の効果について、2種の視聴覚による比較介入研究

2日本性感染症学会参加&発表 上記調査研究の主に①について報告

3厚生労働省科研費調査事業(日本性感染症学会 主任研究者:小野寺昭一 慈恵医大教授)に研究協力参加「若年者を対象とした性感染症の実態把握と蔓延防止システムの構築」

2)論文作成

11)の調査研究の①に関連した論文を日本性感染症学会誌に投稿

2メデイアの性情報が若年者の性感染症予防に関する影響をグループインタビューから考察した論文を海外専門雑誌(Journal of Adolescent Health)へ投稿し、査読後のアドバイスにより、短報として再度作成中

3)啓発活動

1日本旅行医学会へ講師として協力(2001年度調査研究内容の紹介)

2「性の健康医学財団」での性感染症夜間相談室および関連の公開講座に講師として協力

・クスリプロジェクト

1)クスリに関係する文献紹介(ニュースレター)クスリとエビデンスシリーズ6 7 8 9 ニュースレターVol 21,22,23,24に掲載2)“あなたの家のくすり箱診断”パイロットスタディ 共立薬科大学との共催により2003.10.11共立薬科

 大学祭、港区民祭開催時、参加者90人にアンケートによりインタビュー調査

・十代の健康プロジェクト 今年度は、プロジェクト独自の活動は行わなかったが、当会の全面協力によって、社団法人日本女医会の「十代の性と健康支援事業」3カ年計画の3年目が無事終了した。

2001年度から3年間に全国計8カ所でセミナーをひらき、1300名以上の医師・看護師・助産師・養護教諭・行政・女性グループなどの参加をえた。今年度は、横浜を皮切りに(早乙女智子副会長プロデュース)、札幌(堀本江美北海道支部長プロデュース)、盛岡、長野、岡山(金重恵美子会員プロデュース)と計5ヶ所で講座を開き、それぞれの地域で職域をこえた人的ネットワークが広がった。講師として、堀口雅子会長はじめ、劔陽子、種部恭子、岩室紳也、庄司洋子会員他のご協力をいただいた。その結果、性教育バッシングの広がる昨今の風潮をものともせず、医師、養護教諭、助産師等々の危機感と熱意が集約された事業となった。

 3月に作成された総括・報告書に、参加した女医会会員らの意識変容と行動変容が読み取れる。外部からの評価(評価委員に大川玲子会員も含む)も概ね良好であった。

日本女医会では、今後もぜひこの事業を継続し社会に貢献していきたいという意向である。

・中高年女性の健康プロジェクト

1)アンケート調査の結果を日本排尿機能学会にて口演

2)口演内容を運営委員間で共有、スライドを普及啓発活動に提供

3)同、英文原稿をInternational Journal of Urology(日本泌尿器科学会誌の英語版)に投稿

4)巴ひかる会員がテレビ東京「医食同源」に出演

・乳がんプロジェクト

1)当会作成の乳がん健診啓発のパンフレットを講演会などで配布

2)2003年9月 代々木公園での乳房健康研究会のピンクリボンウオーク2003に参加

3)朝日新聞の乳がん健診についてのセンセーショナルな記事について、プロジェクトリーダーとしてのコメントをニュースレターに掲載

4)2004年3月 立川昭和記念公園での乳房健康研究会の第3回ミニウオーク&ラン フォーブレストケアに参加

5)会員、会員推薦の医療機関で乳がん健診可能な施設のリストを作成

・働く女性の健康プロジェクト

 第7回 働く女性の健康を考えるシンポジウム「鬱にならない個、鬱を作らない社会」を2003年11月30日(日)13:00~17:00、共立薬科大学・1号館地下1階マルチメディア講堂において行った。共催として、共立薬科大学生涯学習センター、明治製菓株式会社、ヤンセンファーマ株式会社の協力を得た。

 今年は、働く女性のメンタルヘルス、特に「うつ」に焦点を当てた。

 女性が鬱になるリスクは男性の約2倍と言われており、女性ホルモンや社会のジェンダーによるものとされている。女性の鬱を個と社会の視点からとらえるために、メンタリングにジェンダーを考慮すべきか、外資系企業として「うつ」に対しいかなる施策をもっているか、女性の自己実現のためにはいかなるセルフケアが必要なのか、久村恵子さん(新潟経営大学)、金子多香子さん(日本アイ・ビー・エム安全衛生産業保健部)、内田恵理子会員(目黒臨床心理士オフィス 臨床心理士)にお願いした。

 約100名の参加者があり、医療者のみならず、人事関係者、教育関係者などが集まり、積極的な討議が交わされた。

・禁煙プロジェクト

1)5月「女性と子どもをタバコから守るために21世紀の環境をつくろう」総会シンポジウム開催:講師 高橋裕子会員(奈良女子大学)、小西明美会員(小張総合病院)

 資料作成:看護職とたばこ(成田伸副会長)、タバコと口腔疾患(志村真理子会員)、禁煙支援医療機関(宮本法子会員) 

2)ニュースレターに総会シンポジウム報告を掲載

3)その他

・11月「女性と子どもをタバコから守るために21世紀の環境をつくろう」近畿支部及び北海道支部シンポジウム開催に協力:講師 高橋裕子会員(同上)、禁煙プロジェクトより末原紀美代会員(大阪看護大学)、小西明美会員(同上)

・財務省タバコ事業法に対するパブリックコメントに当会としての提言を行う(HP掲載)

・禁煙推進医師歯科医師連盟通信にフレスカカードを紹介

・女性口腔医学プロジェクト

 「女性の健康と歯周病フォーラム」に参加協力;女性ホルモンと歯周病の啓発活動を行った。

 テーマ;妊婦の口腔ケア

 東京、神戸にて、看護師、保健師、助産師、歯科衛生士の方を対象に、産婦人科医、歯科医師、栄養士がホルモンステージを考慮した医療連携の必要性を講演した。

・障害支援プロジェクト

1)プロジェクト設立の会合(2003.11.24)。

2)ニュースレター23号に設立主旨、活動計画などを掲載。

3)2004年9月開催の「楽団あぶあぶあ&ミュージカルチームLOVE2004東京公演」のために

 代表、東野洋子さんを囲む会。(2004.2.19)  

4. 地方部会

・北海道支部

 活動したリーダー・メンバー

 リーダー:堀本江美(苗穂レディスクリニック)

 メンバー:小泉由貴美(札幌社会保険総合病院)、秋野恵美子(小樽市保健所)、

杉山厚子(札幌医科大学)、吉田道子(立命館慶祥中学校・高等学校)、

小林朋子(札幌市女性センター)

1)講演会

  ①女性が生き生き暮らしていくために

   「思春期の子どもたちに伝えたい性の健康知識」

    1-日 時  平成15年7月11日(金)、12日(土)

    2-内 容  「実践的性教育講座Ⅰ、Ⅱ」「就学前幼児への性教育実践」「性の基礎知識」

          「思春期の性の健康についての正しい知識をどのように伝えるか」

 ②女性が生き生き暮らしていくために

「女性と子どもをタバコから守るために21世紀の環境を作ろう!」

    1-日 時  平成15年11月1日(土) 午後2時~午後4時

2-内 容  「北海道の喫煙者の傾向とその特徴」「子どもの喫煙と学校の禁煙化 成功例

に学ぶ」

③2003年世界エイズデー 講演とワークショップ

「エイズの現状と課題そしてピア・カウンセリングの試み」

    ①日 時  平成15年12月7日(日)

②内 容  「エイズの現状と課題」「ピア・カウンセリングの試み~仲間として~」

2)出版等

  女性が生き生き暮らしていくために『ママになるとき』

    ①内 容 a.自分らしいお産を考えよう

         b.無痛分娩

         c.ママとベビーのための検診

    ②発 行 平成15年7月(頒価500円)  

  女性が生き生き暮らしていくために『思春期の子どもたちに伝えたい性の健康知識』

①内 容 a.実践的性教育講座Ⅰ、Ⅱ

     b.就学前幼児への性教育実践

     c.性の基礎知識

     d.思春期の性の健康についての正しい知識をどのように伝えるか」

    ②発 行 平成15年11月(頒価1,000円)

・近畿支部

  公開シンポジウム  「女性と子どもをタバコから守るために21世紀の環境をつくろう!」    日時:2003年11月3日 13:00~17:00    場所:メディカ出版 メディカ・ホール    講師:末原紀美代、小西明美、高橋裕子    参加者:88名

謝辞

 会員および賛助会員ほか関係各団体の多大な尽力に支えられ、本会の6年目の活動ができましたことを感謝いたします。