性と健康を考える女性専門家の会HP

2000年度活動報告

公開シンポジウム「若者と性の健康」若者と性の健康(後援)’01年3月26日(月)

日 時: 3月26日(月)午後6時~8時30分(受付開始午後5時30分)
会 場: アルカディア私学会館(市谷駅下車)
千代田区九段北4-2-25(TEL: 03-3261-9921)
コーディネーター・松田静治(性の健康医学財団副会頭、江東病院顧問・産婦人科)
 
第1部 性の健康をめぐる現状   司会 松田静治
 性感染症流行の現状について   熊本 悦明((財)性の健康医学財団会頭)
 性器外性感染症の問題点     小島 弘敬(日赤医療センター泌尿器科)
 エイズ流行の現状と課題     根岸 昌功(東京都立駒込病院感染症科)
 若者の性行動とセクシャルヘルス 木原 雅子(長崎大学大学院医学研究科感染分子病態学)
第2部 パネルディスカッション~性の健康をどう促進させるか
 コーディネイター 松田 静治(性の健康医学財団副会頭、江東病院顧問・産婦人科)
 パネリスト    日高津多子(都衛生局医療福祉部エイズ対策室係長)
          村本 淳子(三重県立看護大学教授・母性看護)
          山梨 文子(墨田区立吾嬬第二中学校・養護教諭)
          熊本 悦明
          小島 弘敬
          根岸 昌功
          木原 雅子
主催:(財)エイズ予防財団 
後援:日本母性衛生学会、日本性感染症学会、日本助産婦会、東京STD研究会、東京思春期保健研究会、性と健康を考える女性専門家の会
厚生科学研究「STD/HIV予防啓発に関する研究班」事務局 川崎/水野
TEL:03-3813-4098 FAX:03-3813-4107 E-mail:std@muj.biglobe.ne.jp
〒113-0033 東京都文京区本郷3-14-10 (財)性の健康医学財団内

厚生科学研究「STD/HIV予防のための啓発活動に関する研究班」〔国民啓発事業〕

「若者の性の健康を守るために」’01年3月24日(土)

第1部 性の健康に関する現状  司会 吉島 一彦(讀賣新聞科学部)
  性感染症流行の現状について   熊本 悦明((財)性の健康医学財団)
  エイズ/HIV感染流行の現状   白阪 琢磨(国立大阪病院臨床研究部)
  日本人の性行動の調査から    木原 正博(京都大学大学院医学研究科国際保健学講座)
  若者の性生活の実態について   木原 雅子(長崎大学大学院感染分子病態学)

第2部 パネルディスカッション~性の健康をどう促進させるか
司会   吉島 一彦
  パネリスト  小林 照幸(作家・大宅壮一ノンフィクション賞受賞)
    白井 千香(神戸市保健所主幹・結核感染症対策係)
    熊本 悦明
      白阪 琢磨
      木原 正博
      木原 雅子
主催:(財)エイズ予防財団 
後援:讀賣新聞大阪本社、(財)性の健康医学財団

クスリプロジェクト第2回勉強会「CASP(Critical appraisal skill program)’

01年3月18日(日)

  administrator: 福岡敏雄(CASPJAPAN代表・名古屋大学救急医療センター)
  チューター : 北澤京子(日経メディカル副編集長)
         栗原千絵子(臨床評価刊行会)
         松本佳代子(共立薬科大学社会薬学)

(社)日本家族計画協会からのお知らせ 『松本賞』授賞式’01年3月3日(土)



堀口雅子会長が第5回松本賞を受賞なさることになりました。
本会では、日本におけるリプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)の分野で活躍し業績を挙げた方々に授与する、「松本賞」の第5回目の授賞式を下記の要領で開催いたします。今までに、石濱淳美、村松稔、我妻堯、長池博子、松山榮吉、本多洋、長野正男、玉田太朗、木村好秀、小林拓郎、佐藤恒治、丹野かほる(敬称略)の12人が受賞しています。さらに、この機会に記念講演会が行われます。
日  時:平成13年3月3日(土) 午後3時~6時
会  場:日本都市センター会館 五階オリオン
     住所 東京都千代田区平河町2-4-1
     電話 03-3265-3211
会  費:無料
受  付:午後2時30分
記念講演
  「日本女性のリプロダクティブ・ヘルス/ライツ…二十一世紀の最重要課題…」
   長池女性健康相談所長 長池博子
「松本賞」授賞式
   選考委員会報告並びに受賞者の紹介 本会会長  松本清一
   受賞者による講演  性と健康を考える女性専門家の会会長  堀口雅子

お問い合わせ (社)日本家族計画協会クリニック 電話03―3235―2694

財団法人東京女性財団「目で見てわかるリプロダクティブ・ヘルス/ライツ」

                ’01年2月26日から3月18日
 1 目で見てわかるリプロダクティブ・ヘルス/ライツ
 2 石井奈帆子写真展「中絶前夜」から
 3 21世紀の課題:先端生殖技術と女性
 4 これからの活動に向けて
  (リプロダクティブ・ヘルス/ライツに関する団体のホームページの紹介(当ホームページも紹介されました)
 5 その他

厚生科学研究「STD/HIV予防のための啓発活動に関する研究班」

 「これからの性の健康を促進するために」(後援)01年2月23日(金)

  第一部   臨床の現場からみた性の健康を害するもの
  司会:堀口雅子(性と健康を考える女性専門家の会 会長)
  性器ヘルペスについて  本田まりこ(東京慈恵会医科大学皮膚科)
  クラミジア流行の現状  早乙女智子(NTT東日本関東病院産婦人科)
  エイズの現状について  源河いくみ(国立国際医療センターエイズ治療研究開発センター)

  第二部   パネルディスカッションー性の健康をどう促進させるか
  東優子(ノートルダム清心女子大学助教授)
  池上千寿子(ぷれいす東京代表)
  大熊由紀子(朝日新聞論説委員)
  巴ひかる(東京女子医科大学第二病尾院泌尿器科)
  堀口雅子(性と健康を考える女性専門家の会会長)
  本田まりこ(東京慈恵会医科大学皮膚科)
  源河いくみ(国立国際医療センターエイズ治療研究開発センター)

  主催:厚生科学研究「STD/HIV予防のための啓発活動に関する研究班」

21世紀にむけてエイズシンポジウム’01年2月9日(金)

 「ブラジルと日本のHIV感染の実態を考える」

  講演1:ブラジルにおけるHIV感染者と非感染者との共生について
      ジョゼ・アラウージョ・リマ・フィーリョ
      テレジーニャ・デ・ジェズス・カルドーゾ・マルチンス
     (通訳がつきます)
  講演2:HIV感染予防
      末原紀美代(大阪府立看護大学部)
  講演3:日本のエイズの現状と最新の治療について
      白坂琢磨(国立大阪病院臨床研究部ウィルス研究室長)

クスリプロジェクト第1回勉強会’00年11月25日(土)

  CASP(Critical appraisal skill program)

■ 第4回 働く女性の健康を考えるシンポジウム’00年10月15日(土)
「女の脳・男の脳 性差と平等」

    講師 田中冨久子(横浜市立大学医学部生理学教授)
       相澤 好治(北里大学医学部公衆衛生学教授) 
       川上 善郎(成城大学文芸学部教授)

2000年シンポジウム

「中高年女性の健康を考える-Complete wellnessとは」

    東京会場 ’00年10月7日(土)
    講師 李昭男(高雄医学大学教授)
       早乙女智子(東京都職員共済組合青山病院)
       武谷雄二(東京大学医学部)
       関寛之(国立リハビリテーションセンター病院)
       荒木乳根子(調布学園短期大学)
       杉山みち子(国立健康・栄養研究所)
       野末悦子(コスモス女性クリニック)

    大阪会場 ’00年10月8日(日)
    講師 李昭男(高雄医学大学教授)
       早乙女智子(東京都職員共済組合青山病院) 
       金重恵美子(岡山中央病院)
       榎本富士子(メンタルケア Hands On) 

乳房健康研究会第一回セミナー’00年

9月16日(土)
「もっと乳ガンを知ろう」(後援)
    講師 霞富士雄(癌研究会付属病院乳腺外科部長)
       島田菜穂子(東京逓信病院 放射線科)
       福田護(聖マリアンナ医科大学外科助教授)
       末原紀美代(大阪府立看護大学母性看護学教授)
       野末悦子(コスモ女性クリニック院長)

「女性と仕事の未来館」

  働く女性のストレス解消展 企画監修および講座 ’00年 7月から10月
  ■シンポジウム「働く女性のこころとからだーストレス解消に向けて」
       池下育子(池下レディースクリニック)
       清水ちなみ(コラムニスト)
       松田美佐(文教大学情報学部)
       荒木葉子(報知新聞社診療所)
  ■専門講座
       睡眠と健康・・・土井由利子(国立公衆衛生院)
       香りで解消 仕事のストレス・・・吉川千明(ジュリークショップ)
       ストレスをためない職場のコミュニケーション・・・内田恵理子(臨床心理士)
       新しい時代と女性のストレス・・・香山リカ(精神科医)
       燃え尽きと過労死・・・野田順子(国立公衆衛生院)
       家庭のストレスー働く親とその子供・・・渡辺久子(慶應義塾大学医学部小児科)
       ストレス解消 個から社会へ、社会から個へ・・・荒木葉子(報知新聞社診療所)
       
■ シンポジウム 助産士問題を考える’00年 7月2日(日)
    講師 山崎裕二(日本赤十字武蔵野短期大学)
       渡辺尚子(日本看護協会助産婦職能理事、埼玉県立大学母性看護学)

セミナー 働く女性と産業保健’00年

6月17日(土)
    講師 荒木葉子(報知新聞社診療所)

生命倫理プロジェクト’00年 5月20日(土)

「望んだ妊娠・望まない妊娠と人工妊娠中絶」
    講師 我妻尭(国際厚生事業団)、斉藤有希子(明治大学法学部)

■ セミナー 働く女性とメンタルヘルス’00年 4月15日(土)
    講師 内田恵理子、岡山慶子(朝日エル)