会長挨拶

一般社団法人 性と健康を考える女性専門家の会は、1997年11月8日(いいおんなの日)に設立しました。日本で避妊の低用量経口避妊薬(ピル)がなかなか認可にならず、自分たち女性が何かしなくては、という思いでした。それから20年以上経ちますが、日本社会で、女性が置かれた立場は大きくは変わっていないのではないでしょうか。

私たちが会を始めるにあたって気を付けたことは、男性に頼らないことでした。女性が集まって何ができるの?と言われましたが、堀口雅子名誉会長を中心にここまでやってきました。会員は性別を問いませんが、今でも理事以上の運営スタッフは女性です。20周年を迎えて、法人化するにあたって、会の名称も議論になりましたが、世の中が変わらない限りこのままで行こうということになりました。女性の体のことは女性が専門家として決めていこうという実践です。まだまだ、自分のことが自分で決められない、決めて良いのだということに気付かない女性は多いものです。男性だから女性だから、という前に人間として一人一人が尊重される社会を目指したいものです。

たかがピルで始まった会ですが、そのあとに来た女性医療の波や、証拠に元づく医療など、医療そのものの質も変わってきました。障がいを持つ人の性や、性別違和、高齢者の性など、見過ごされてきたことにも取り組むようになりました。華々しい成果はありませんが、地道に歩んできた自負はあります。

特に、当事者としての医療改革の視点は、林夢都美(むつみ)理事の「メディカル・ギャップ」に集約されます。医療者と医療者の壁、医療者と患者の壁、患者と家族の壁など、様々なギャップをどのように埋めていくのかは、これからますます多様化する医療の質に関係していくことでしょう。また、当会の特徴として、Women Centered(女性が中心)をぶれずに進めていることがあります。子宮頸がん検診のスメアテイカー問題では、工藤里香理事、江夏亜希子理事等がリードして研究を進めており、当会では看護職等の関与を推進しています。ここにもジェンダーギャップの問題が潜んでいます。いまや、どこの国でも国際標準を意識するグローバル時代に、国内だけのローカルルールで良しとするには無理があるでしょう。障がい者の性については、武子愛理事が、先進的な取り組みをされています。

自分の意見を述べる練習も、理事会や勉強会で培ってきたと思います。誰かの意見に迎合することなく意見を言い、よりより議論をすることは、いかなる場面でも役立つスキルになります。

今までも、海外情報をいち早く取り込んで情報発信してきましたが、ウイーンのMUVS(避妊と中絶の博物館:Museum fur Verhutung und Schwangershaftsabbruch)とのコネクションや、海外の研究者とのつながりなど、ますます国際的な活動も期待できそうです。会員の皆様とともに、一歩一歩、私たちのあゆみを進めていきたいと思います。今後とも、ご理解ご協力よろしくお願い致します。

代表理事 早乙女智子